夕方を過ぎた時間帯の上手な化粧直しの方法

MENU

夕方を過ぎた時間帯の上手な化粧直しの方法

40代ファンデーション|化粧直し

 

朝しっかり化粧をしても夕方を過ぎた頃にはヨレができて、せっかくカバーしていたシミやクマなどのトラブルが目立ってしまうということがあります。

 

これは部屋の空調や、知らず知らずのうちに浴びている紫外線などで肌が乾燥するのが大きな原因なので、化粧直しをする際には保湿を意識したケアが重要です。

 

保水ミストが便利!

その方法として人気なのは、保湿ミストを顔に吹きかけ成分がなじんだところで水分をティッシュオフし、崩れている部分にファンデーションを重ねるというものです。

 

上手く行うコツは水分を残したままにすると蒸発して、さらに乾燥が酷くなりやすいので、水分を残さないという点です。

 

油分を含んでいる乳液もおすすめ!

この他、油分を含む乳液を使った化粧直しも、キレイに仕上げられる方法です。

 

化粧が崩れている部分に少しだけ乳液をなじませ、その上からファンデーションをつけるのですが、その際綿棒を使うと上手くいきます。
気になるところをピンポイントで直せて、他の部分が崩れる心配はないので効率的です。

 

あぶらとり紙は意外に良くない?

このように夕方を過ぎた頃に行える化粧直しの方法ですが、ヨレの原因が乾燥ではなく皮脂の過剰分泌という場合には、軽くティッシュで押さえたあとでファンデーションを塗るのがおすすめです。
皮脂というと、あぶらとり紙を使いたくなるものですが、肌の水分まで奪ってしまい肌にはよくないので避けた方が安心です。

 

化粧直しに重宝する保水ミストと乳液を持っておくだけで、仕事終わりの食事や飲み会も朝と同じくらいの美しいメイク状態を保てるので、印象アップにおすすめです。

 

リペアファンデーション

 

40代ファンデーション