40代のメイクテクニック

MENU

40代からの肌の悩みを解決するメイクテクニック

40代になると、それまで行っていたメイク法や使っていた化粧品では、それまでと同じような美しさを保つことはできません。
代謝も低下し、肌の回復能力も低下するため、ダメージを回復しにくい傾向にあります。

 

30代までは肌に受けたダメージを数日で回復する能力が40代でさらに低下するので、そもそも肌にダメージを受けないことが重要になってきます。

 

紫外線を避けることはもちろん、肌にダメージを与えるケミカル(添加物)を含んだコスメを使わないことも非常な重要なポイントとなります。

 

このページでは、40代からのメイクとテクニックと肌に悪影響を与えないための化粧品やファンデーションの使い方を解説します。

汗は体温を下げる効果があり、体調管理に必要な現象ですが、女性にとっては化粧崩れの原因になってしまいます。このページでは、汗をかきにくくしてメイクへの影響を小さくする方法と、汗をかいても気にならないメイクテクニックについて解説します。汗をかきにくくするテクニック汗をかきやすい人はお化粧前に首の後ろを冷やすことで体感温度が下がり、汗をかきにくくなります。また、お化粧直しをする時に濡らして絞ったハンカチなどを首の後ろにあてて冷やすことで体温調整がうまく働き、顔に汗をかかなくなります。ウォータープルーフのコスメで化粧崩れを最小限にできる最近では耐水性のウォータープルーフの化粧品が販売されているので、汗...
朝しっかり化粧をしても夕方を過ぎた頃にはヨレができて、せっかくカバーしていたシミやクマなどのトラブルが目立ってしまうということがあります。これは部屋の空調や、知らず知らずのうちに浴びている紫外線などで肌が乾燥するのが大きな原因なので、化粧直しをする際には保湿を意識したケアが重要です。保水ミストが便利!その方法として人気なのは、保湿ミストを顔に吹きかけ成分がなじんだところで水分をティッシュオフし、崩れている部分にファンデーションを重ねるというものです。上手く行うコツは水分を残したままにすると蒸発して、さらに乾燥が酷くなりやすいので、水分を残さないという点です。油分を含んでいる乳液もおすすめ!この...
正しいファンデーションの塗り方の前に、リキッドとパウダーでも違ってきます。どちらも共通する手順がありますが、少し違いがあります。下地を塗るまずは下地を塗ります。下地はお肌の数か所に少量置いてから、ぽんぽんとなじませるように伸ばしていきましょう。毛穴を埋めるような感覚で軽く叩きながらいれていきます。クマやシミにコンシーラーを塗る次にコンシーラーをクマやシミの気になるところにたたいていきます。目の下は、皮膚が薄くなっていますので、あまり濃くならないように注意しましょう。パウダーの場合パウダーファンデーションの場合、次の手順としてはスポンジにパウダーをなじませ、やわらかくすっすっと頬、に伸ばしていき...
メイクは女性にとって必要不可欠なものです。毎日の習慣のようになりますから、いつも行っている自分のメイク法に疑いを持たずメイクしている人も少なくありません。しかし、同じ化粧でも方法を変えるだけで見違えるように変身できます。スポンジの使い方でメイクの完成度が変わる!現在行っているメイクの中で、まずは化粧の基本であるファンデーションスポンジの使い方を見直してみるのもひとつです。ファンデーションスポンジはリキッドやパウダーファンデーションをのばして塗る道具と考えている人も多い傾向にあります。しかし、スポンジは横や縦にのばすのではなく、叩き込んで使うのが正しい方法です。水を使うのがコツ!スポンジにリキッ...